ABOUT BETROTHAL GIFTS結納について(由来・結納品・席次案内)

ご結婚が決まる、これは、目に見えない「ご縁」が、結ばれ形になったものです。
それは、両家の縁を結んで納めるという事でもあります。
婚約は「結婚の予約」、結納には「婚約を動かぬものとする」といった意味があるのです。

結納の由来

結納の由来

結納の起源は、仁徳天皇の皇太子(後の履中天皇)が妃を迎える際に贈り物をされたことが始まりとされ、古くは宮中儀礼「納采の儀」より派生したものです。

また結納の語源は「結いの物」すなわち共に飲食する酒と肴を意味しています。
室町時代に儀礼作法が小笠原流、伊勢流の礼道に集大成され、江戸末期には、武家社会より庶民に普及し、やがて、全国に浸透し、長い時を経ることにより、地方の風習や流儀により多様化されました。

つまり今でも地方や家によってしきたりが違うことは多く、絶対にこの方法が正しいという決まりはありません。


結納品の地域別

結納品は、新郎家の伝統に沿って準備を進めますが、新婦様の生まれ新婦様の生まれ(ご実家)の地方に合わせ、新郎側が用意します。
基本、結納品は、新婦ご実家に飾られ、皆様方に披露、祝福されます。
結納品は、地方により様々な文化があり、九州地方では、結納品にお茶を一対添えて贈られる文化もあります。

結納品の地域別

結納の席次

結納の席次

まず、新郎側(仲人がいる時は仲人の役目)は結納セットを床の間にならべます。
この時、新婦側は、席をはずします。用意ができたら、新郎側は上座に並び新婦側を迎えます。
両家が向かいあったら一同着座します。

席の決め方は、お部屋の条件によって様々ですが、上座が男性側となります。
また、女性宅に男性側が訪れる場合は、入り口から遠い側に男性側の席を設けます。